デートで否定的な言い方は避けよう

関係がなかなか続かないことの理由の一つに、デートで失敗してしまっているから、というものがあります。
二人で楽しめるようなデートにしなければ、それ以降にデートを続けることもできなくなってしまいます。
自分が失敗していないかどうか、相手に悪い印象を与えてしまうような行動をしていないかどうか、一度振り返ってみましょう。

デートで否定的な言い方をしてしまう

相手との会話で悪い印象を与えてしまいがちなポイントとして、何かを話すたびに否定的な言い方から入ってしまうということがあります。
なんでもそれは違うとか、自分はそうは思わないという言葉から会話を始める人は、人に嫌われてしまう傾向があります。
そこまで露骨ではなくても、自分では気づいていないながらもそういった言い方をしてしまい、相手にとってはよくない印象になることもあります。

デートで下ネタを言ってしまう

特に男性の場合ですが、相手と少し仲良くなったと思ったら、すぐに下ネタを言ってしまうという人も多いようですね。
相手の女性がそういったことに耐性のある人であれば問題はないかもしれませんが、そうではない場合には引かれてしまうことになります。
こういうことを言う人なんだなと思われてしまうと、自分とは合わないと思ってそこで悪い印象を持たれてしまう可能性があることはよく肝に銘じておきましょう。
男性によっては相手との関係の発展を焦るあまり、下ネタをつい言ってしまうということもあるようですが、そこは気持ちを抑えましょう。

デートで前の恋人の話をする

気になってしまうことが、その相手が前にどのような人と付き合っていたか、ということですよね。
気になってしまうあまり、ストレートに聞いてしまう男性も多いようですが、特に二人の時間でそういう話題を出すのは避けておいたほうがいいでしょう。
前の人を思い出してしまうことになりますし、あまり個人的な話題に踏み込みすぎるのも、二人の関係が浅いうちには要注意といえます。

以上、デートで否定的な言い方は避けよう…でした。